北海道出身。ギター基礎・クラシック・フォーク・ポップス・演歌・コード理論その他を担当。
幼少の頃、先天性股関節脱臼を煩い4年間の入院生活でギターを独学で学ぶ。ギターを手にして1年目でアルハンブラの思い出等を披露する。1982年第13回全日本ギターコンクール独奏部門で首席入賞。1991年高弟からなるギターアンサンブル「ザ・ステア」JGA賞受賞。1996年ファーストアルバム「おいらはキャベツ作りの子」をリリースし、絶賛される。日本ギター合奏連盟のギターアンサンブル“OZ”のコンサートマスターとして毎年ギターアンサンブルのレコーディングを行っており、2002年7月には5枚目をリリース、いずれも高い評価を得ている。
「レッスンは楽しく明るく、明解に」をモットーに毎日後進の指導にあたっています。
主任教授 加藤繁雄

福島県出身。エレキギター・エレキベース・ドラム・フォーク・ジャズギター・ジャズ理論その他を担当。
高2の時チャーリー・クリスチャンを聴いてジャズギタリストを志す。大学ではジャズのビッグバンド(グルービー・サウンズ・ジャズオーケストラ)に所属し、4年間を過ごす。卒業後バックバンドやスタジオミュージシャンの仕事を始める。
ソフトな語り口、一流の技術とていねいな指導、分かりやすいレッスンで生徒さんから絶大なる人気を集めています。(怒っているのを見たことがありません。)
生徒さんが作った歌・曲なども手直しやアドヴァイスをしています。
エレキギター担当 宍戸 悟

月謝 教室地図 科目

●新しいウィンドウでトップページを表示する